世界はあまりに膨大になりすぎたため、ただの羅針盤にさえ重大な意味がある。

愛のうた


セブンティーンアゲイン

カッチリと展開の組まれた堅牢なシナリオがすばらしい。それでいて、この作品は単なるワンノブゼムに過ぎないのである。頂点のみしか存在しない本邦の実写虚構分野とは異なり、その裾野が樹海の如く密集して広がっているのが実感できる。そして、それが頂点を更なる高みへと押し上げる機能を果たすのだ。ひるがえって、このクオリティに到達している頂点すら、本邦では数少ないという事実に思い至るとき、暗澹たる気持ちにならざるを得ない。
スラムドッグミリオネア

こういうのを売り込もうとか、こういうのを流行らせようとか、作り手を送り手の下に置いた「売らんがな」による受賞には、その作品を手に取る前に気持ちが萎える気難しい消費者であるところの俺様である。特に本邦の賞は、いま挙げた点においてどれも全く信用ならない。送り手どもは基本的に受け手の俺たちを全員馬鹿と思っているからであり、それ以上に作り手を不在にする人間への尊敬の無さには、機会さえあれば複数回ブン殴ってやりたいほどの立腹である。なので、評価されるべき作品が当たり前に評価されている単純さにすごく安心する。真に素晴らしいものは送り手の低俗な思惑を一蹴するのである。筋立てがご都合主義などという指摘は、先進国に特有の、精神病の描写をリアリティと賞賛する愚劣な態度なので、当サイトをご贔屓にするようなハイセンスの諸氏においては軽々と無視してよい。賢明な映画ファンであるところの俺様は、トレインスポッティングの続編という位置づけ視聴した。同じく社会の底辺を描きながら、人間への愛にたどりつく今回の結末に、ダニー・ボイルの遍歴を垣間見て、涙が出た。God is great.
真・女神転生SJ

映画は拘束される時間があらかじめ決まっているため、安心して没入できる。しかし、ゲームの場合そうはいかない。人生を時給計算する私は、プレイ中いつも時計が気になってしょうがない。今回も開始前、不機嫌にイヤホンを差し込みながら、確かに時計を確認したはずである。しかし、気がつけば室内は薄暗くなっており、時計に目をやればなぜか数時間が経過していた。これってもしかして、神隠し?
ザ・バンク

どの分野でもそうですが、最良のものとそうでないものって、簡単に区別がつきますよね。でも、俗に言う「B級」的なものと良いものの境界がどこにあるのか、指摘するのは難しいと思いませんか。はい、皆さん、注目して下さい。これがそれです。視聴開始1時間の時点では、この映画が「かっこいいぼくのかんがえたさいあくのこっかかんはんざいそしきぼくめつハードボイルド」になるとは予想だにできなかったのですから! しかしながら、積み上げられた伏線や人物造形のことごとくが物語の後半で放棄されてゆく様を見るのは、小生の如きすれっからしの享楽乞食にとって、ある意味では爽快と言えないこともありませんでした。
ある公爵夫人の生涯

女にとってひたすら都合のいい、これだけ超絶ハーレクイン的な「実話」を見つけてきた時点で製作者側の勝利なわけですが、純情かつ知的な正しいおたくであるところの小生の清らかな心は視聴を通じてひどく汚されました。クソ忙しいのになんでこんなの見てんだよォォォ! 念願の男子出産ってオマエ、それ愛人の種に決まってんじゃねえかよォォォ! なんでそこスルーすんだよォォォ! このバカバカまんこ!
ダイアナの選択

皆様のご想像通り、ユマ・サーマン目当てで視聴しました。人はただ己の生き方によってのみ、復讐されるというお話です。「エレファント」から少年の視点、「ボーリング・フォー・コロンバイン」から社会の視点をあらかじめ仕入れておくと更に深みが増すかもしれません。ところでこのオチですけど、はやってるんですかねえ。なんか最近よく見る気がする。
ムーン・リヴァー

技巧や面白さではない。しかし、その天才を久しぶりに思い出した。本当の意味での絶筆は、この作品だと感じる。少なくとも、私にとっては。
グラン・トリノ

この映画は二重の差別意識により成立しています。まず、クリント・イーストウッド以外の俳優すべてがほとんど素人のようなクソ演技に留まるところに、ベテラン俳優である自身のみを引き立たせるための優越が滲んでいます。次に、あらゆる人種に対して差別意識を持つことで有名な白人ですが、とりわけ黄色人種に対する蔑視が最も深刻というところです。なぜなら、ラストシーンで主人公が昇華される宗教的な高みには、この世で一番軽蔑する何かに向けての自己犠牲でしかたどりつけないからです。冒頭、わずかに示される様々の人種へする差別的発言は、イエロー全般に向けた西洋人の差別意識を希釈ないし隠蔽するために用意された作劇上の小道具に過ぎません。この映画を絶賛するクソ評論家どもは、日本国籍を剥奪されてなお同じ発言ができるかどうかの強度をまず試されるべきです。ホワイトどもにとって、レイプされた東洋人など、己の信仰にとっての試金石ぐらいに過ぎないのですから。
パセンジャーズ

途中まで「カウンセラーによるカウンセラーのカウンセリング」オチかと思ってたよ! この結末をミステリー的にフェアなものとして許容できるかは、貴君が信仰を持っているか否かにかかってくるのやもしれぬ。許容できれば、タイトルの意味が反転するエンディングは心地よいのだろうと思う。ともあれ、小生がアン・ハサウェイ萌えであることは表明しておかずばなるまい。
ウォッチメン

スリーハンドレッドの監督ということで、アメコミ・ヒーローの予備知識皆無の私が視聴した感想は、「バイオレンスジャック?」の一語に尽きましょう。ヒーローが実在した場合、世界はどのように救われるのかについて、たいへんシニカルですが可能性の高い結末が示されていました。でも、オジマンディアスの俳優が貧相なので一枚絵に耐えず、物語の終盤が画面的に辛かったです。あと、Dr.マンハッタンのペニスが割礼済みだった。
アフターウェディング

金持ち父さん、貧乏父さん。独特のカメラワークで最後まで退屈せずに見れた。にもかかわらず話の焦点が何なのかよくわからなかったのは、奥さんが出るたびにキルスティン・ダンストを想起した私の弱い心のせいかもしれない。
この自由な世界で

もしかすると資本主義は、選択されるべきではなかったのかもしれない。なぜなら、誰もこの過酷な思想の本質に耐えられないように思えるからだ。私たちはこの辺境で、いつまで夢の中に遊ぶことができるのだろう。
チェ

「モーターサイクルダイアリーズ」「チェPart1」「チェPart2」「コマンダンテ」の順に見れば、すごく贅沢な感慨に浸ることができます。ぼくと君の世代に共通した、自己憐憫たっぷりの我が我が口調を反省したい気持ちになれますね。あと、賢明な諸氏においては改めて指摘するまでもないと思いますが、念のため。“生きながら萌えゲーに葬られ”の一節であるところの、「思えば高い代償であるが、おたく以外の人間による不断なるおたくの収奪を根絶したいと願う純粋な熱情によって、それは実現可能となるはずだ」は、氏に関する著作からのパロディです。え、気づいてなかったって? この、モンモウ教徒め!
ラースと、その彼女

この映画は君。そして、ぼく。言われなくても、君とぼくがいちばんわかっている。けど、いつまでこの人生を生きればいいのか、わからない。
ベンジャミン・バトン

原作未読の小生にとって目当てはケイト・ブランシェットでしたが、たいへん楽しみました。人生とはlearnとunlearnから出来ており、始まりと終わりを逆にしても成立するという構図がとても秀逸でした。ぼくもそろそろ人生を肯定するような更新をしたいです。
 

<< previous page | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 | next page >>